受験案内

2018年12月2日 更新

(2018年12月2日(日) 2019年度版公開)

受験までの手順

  1. この受験案内をよく読む
  2. 参加申込する
  3. 勉強する
  4. 3月24日(日)に受験料2000円と筆記用具, 身分証を持って会場に行く

スケジュール

2018年

12月2日(日) 日本言語学オリンピック申込開始

2019年

2月17日(日) オープン説明会
3月10日(日) 応募締め切り
3月24日(日) 日本言語学オリンピック(日本代表選抜筆記試験)
5月5日(日) 第1回アジア太平洋言語学オリンピック(APLO)
7月29日(月)~8月2日(金) 第17回国際言語学オリンピック(IOL)

応募時の案内

参加資格

次の国際言語学オリンピック時点で大学教育等を受けていない中学生・高校生ならびにそれに相当する教育を受けている者。日本在住であれば国籍は問いませんが, 大会ではすべての問題が日本語で出るので注意してください。

受験料

一人2000円の受験料がかかります。当日現金でお支払いください。

募集期間と応募方法

募集期間: 2018年12月2日(日)〜2019年3月10日(日)24:00

参加申込はオンラインでのみ受け付けます。申込リンクはこのページの一番下にあります。(注意: 身元保証のため, 先生の氏名と連絡先を書く欄があります。事前に担任や教科指導などの先生一人にお願いして承諾を得てください。)

オープン説明会について

言語学オリンピックへの出場を検討している生徒や保護者の方々向けに, 2019年2月17日(日)14:00から東京外国語大学(詳細未定)で説明会を行います。国際大会の様子やこれまでの大会経験者の体験談, 渡航などについてもご説明いたします。参加費, 申込は不要です。

代表に選抜された生徒とその保護者の方々向けには後日再び説明の場を用意します。

応募をキャンセルしたい場合

分かり次第応募時に送付されたメールに返信する形でお知らせください。本文には「応募キャンセル」とだけ書いてください。最終的に試験にいらっしゃらなければキャンセルになりますが, 運営の都合上2019年3月21日(木)までにお知らせくださるようお願いします。

試験実施について

試験日程: 2019年3月24日(日)13:00~15:00
試験会場: 東京外国語大学(詳細未定)
持ち物: 筆記用具, 身分証(学生証), 受験料
試験内容: 2時間の試験時間で5つの問題を解く筆記試験を行います。

注意: 当日は12時30分に開場します。試験開始の13:00に遅れないよう気をつけてください。遅刻しても受験は認めますが, 試験時間の延長はしません。

賞の授与と結果通知

筆記試験の点数に応じて金賞, 銀賞, 銅賞, 努力賞が授与されます。また上位8名が国際言語学オリンピック日本代表及びアジア太平洋言語学オリンピック日本代表として選ばれます。結果は3月中に応募時に登録したメールアドレス宛てに通知します。

試験のための準備

過去に出題された問題が 国際大会のサイト に掲載されています。初めて問題に触れるという方はまず同サイトの Sample Problems または イギリス国内大会(UKLO)のサイト をご覧になってみてください。

問題は実際の言語研究で行われる分析に似ていて, 未知の言語のデータからその言語の仕組み, 隠れた法則を解き明かすというものです。英語やその他特定の言語の知識は特に必要ありません。現在有志によって問題の解説や入門サイトを作る計画が進んでいます。詳しくは 有志サイト をご覧ください。

代表に選抜された場合

詳しいスケジュール

IOLまでの間に合同練習会(2回)と渡航などについて説明するオリエンテーションを行います。
また5月5日(日)(時刻未定)にはアジア太平洋言語学オリンピック(APLO)が東京外国語大学を日本会場として行われます。
国際言語学オリンピック(IOL)へは7月28日(日)に出国し, 8月3日(土)に帰国します。IOL中の日程の詳細は大会情報(後日公開)をご覧ください。

前年度からの変更点

  • 受験料がかかるようになりました
  • 郵送での出願からWeb上での申込になりました
  • 一次予選としていた書類選考がなくなりました
  • 国内大会において代表選考だけでなく賞の授与も行うようになりました
  • APLOが新設されました